ジェネリック医薬品とは何

ジェネリック医薬品とは何

ジェネリック医薬品は先発医薬品と効き目や成分、品質、安全性が同一であることを条件に厚生労働省から販売を許可・承認されました薬です。たとえると、添加物を加え、苦味を抑えたもの。

このジェネリック医薬品には先発医薬品よりも工夫されたものもあるのです。国もジェネリック医薬品使用を推奨しています。

微粒子化をはかり薬独特のザラつきを解消し、飲みやすく加工されたものなどです。ジェネリック医薬品は患者の負担も軽減でき、安心して使用出来る薬と言えるのでしょう。

さらに、ジェネリック医薬品は先発医薬品に比べ、研究コストなどを大幅にとどめるってことが出来るため、低価格で販売でき、医療費抑制に貢献しているのです。