薬の認可やルールなど

薬の認可やルールなど

従って、これらを守ればそれほど簡単ではない事も無く、わかりやすく個人輸入は出来ます。そのルールとは、「個人的な利用に限る」、「注文数は2ヶ月分未満である」という事です。

従いまして、代行業者から買うということは法律違反になりましてしまう為、現時点では行われてわない。ただし、病院で処方してもらえる時の様に1錠単位で薬を手に入れる事ができるわけではないです。

従って、注文する時にちょっとあられもないからというような理由で会社名を宛先に書くと、税関を通る事ができない。個人輸入は薬事法で定められているルールをいくらか守ればわかりやすく行うことができます。

買う時はドラッグストア同様に箱単位となる事を良く理解しておくこと。海外医薬品の個人輸入につきましても定められていまして、この場合、個人的な利用であるそしたら日本で未認可の薬であったとしましても2ヶ月分未満であれば購入出来ると定められてる物です。

日本では、厚生労働省が「薬事法」で薬の認可やルールなどを定めているのです。さらに、その人が利用する時に限り、個人輸入は出来ます。